国内対応のSupreme Botを徹底比較!自動購入・複数購入できるBOTを解説!

Supremeは毎週土曜日は激戦で、「11時ジャストになった瞬間にSold Out」や「チェックアウトまで行ったけど買えなかった」など、手動で購入できない方が多いと思います。

逆に、毎週同じアイテムを大量に購入できている方もたくさんいます。

「毎回、複数購入できている方はどうやっているのか」というと、自動購入・複数購入できる国内Supremeオンライン対応のBOTを使っているからです。

今回は、国内Supremeオンライン対応のBOTをご紹介していきます。

Supreme 20SSも頑張りましょう!

そもそもBOTとは?

BOT(ボット)とは、ROBOT(ロボット)の略語で、一定の作業を自動化するプログラムです。

SupremeオンラインストアでのBOTの流れは、

  1. キーワードで商品検索
  2. サイズ選択・カートイン
  3. 請求先・発送先情報自動入力
  4. 「購入ボタン」をクリック
の流れを自動でチェックアウトまで行ってくれます。

BOTの一般的な機能は、タイマー・決済遅延・画像認証・リストックなどの機能があります。

BOTには、設定が簡単な初心者向け・設定が細かくできる中級者向け・上級者向け(海外サイトも利用可能なBOT)など、さまざまな機能を持つBOTがあります。

SupremeでBOTを使うメリット・デメリット

Supremeオンラインで、100%欲しいアイテムが購入できるわけではなく、購入できる確率を上げるためのBOTですので、いろいろとメリット・デメリットがあります。

BOTのメリット
  • 設定しておくだけで自動で欲しいアイテムが買える
  • 購入完了まで1秒前後で完了
  • 画像認証突破機能がある(BOTによる)
  • リストックアイテムが拾える
設定時刻に自動でBOTが商品を検索して購入まで1秒前後(代引きの場合)でしてくれて、やっかいな画像認証も対応しているBOTもあるので、操作は手動購入よりも楽です。

また、リストックも自動で行ってくれるので、放置しているだけで、購入できることも多くあります。

BOTのデメリット
  • Supreme側がBOT対策を行った場合、何も買えない
  • 設定ミスで買えない
  • BOT自体の値段が高い
  • ネット回線が速くないと意味がない
  • 複数購入する場合は住所とプロキシが必要
Supremeがオンラインの仕様変更やBOT対策があった場合は購入できません。

BOTを利用することで100%購入できるものではありません。

また、設定ミスで買えなかったり、遅延設定の有無やネット回線が遅いなどで購入できない場合もあります。

そして、そもそもBOT自体の値段が8,000円~くらいからで、複数購入する場合は、プロキシも複数必要になるので、お金がかかります。

スポンサードサーチ

BOTを利用するのに必要な環境

BOTは基本的にパソコンとネット回線がないと使えませんので、ノートパソコンまたはデスクトップパソコンと、インターネット回線が必要になります。

パソコンはハイスペックのWindows、ネット回線は高速が一番ベストな環境です!

BOTを利用するのであれば、ハイスペックパソコンで高速のネット回線でSupremeオンラインへ参戦するのが一番いいのですが、今使っている環境を改善することは簡単にできます。

毎回、大量に購入している転売屋や代理購入している人たちが利用している環境をご紹介します!

購入確率を上げるネット回線速度を改善する方法!

BOTを購入しても、ネット速度が遅いと、数秒でSold Outになってしまう激戦に参戦できないので、ネット回線を速くする必要があります。

ネット回線が速いと言われている環境は、「戸建て(有線) > 戸建て(無線) > 集合住宅」の順番です。

一般的な家庭のネット回線の契約は1GBになるので、戸建ては最大1Gbpsですが、集合住宅(マンション・団地)は1つの回線を住人全体で利用している場合が多いので200Mbps前後と速くありません。※世帯数による。

そこでネット回線を改善する方法は、NURO光のような下り最大2Gbpsを契約する方法もありますが、一時的にネット回線を高速にする方法もあります。

ちなみに、自宅でhulu・Netflix・アクトビラを見ている方で、時間帯によって、動画が途切れる場合は、ネット回線をNURO光のような早い回線に切り替えしたほうがいいと思います。

一時的に、速いネット回線を利用したい場合は、仮想サーバーがおすすめ!

仮想サーバーとは、サーバー上にWindowsのパソコンを構築して利用することで、CPUやメモリの組み合わせが自由に設定できるので、3GB以上の回線を持つハイスペックパソコンを構築することもできます。

利用金額は、組んだスペックによって違いますが、使用した時間単位の課金になるので、土曜日の10時~18時まで利用して、使わない時は仮想マシンを停止することで料金を抑えることもできます。

購入確率を上げるには、ハイスペックのパソコンが必要!

今使っているノートパソコンやデスクトップパソコンで、ブラウザやメールなどのソフトを起動させて、立ち上がるまで時間がかかる場合や、5年以上前に購入したパソコンの場合は、絶対に買い替えた方がいいと思います。

Google ChromeやWindows Live メールなどのソフトが、利用しやすいように改善してアップデートするたびに、今のパソコンのスペックでは対応できなくなる可能性があるので、買い替えをおすすめします。

また、突然死してハードディスクのデータが復活できなくなることもあるので・・・

ですが、ネット回線のように一時的にハイスペックパソコンを利用する方法もあります。

一時的にハイスペックパソコンを利用する方法は、やっぱり仮想サーバーで解決!

仮想サーバーは、CPU×メモリ等の組み合わせでハイスペックパソコンと高速ネット環境を作ることができます!

時間単位の料金請求なので、土曜日の10時から18時まで利用しても、数百円で利用できます。※仮想サーバーの設定による。

必要な環境のまとめ

今使っているパソコンでソフト起動時に時間がかかったり、サイトのページ移動が遅い場合は、パソコンの買い替えをおすすめします。

Supremeオンラインのためと言うよりも生活する上で、動作が遅いパソコンはストレスが貯まるので、パソコンを新しい物に買い替えることをおすすめします。

一時的にハイスペックパソコンと高速ネット回線を利用したい場合は、仮想サーバーを利用することをおすすめします。

ただ、仮想サーバーを使う場合は、必ずプロキシがないとSupremeオンラインにアクセス出来ないので、プロキシの準備をしてください。

Supremeで使えるプロキシとは?構築や使い方・レンタル販売サイトを全部ご紹介!

2020.01.30

ネット回線をNURO光に変更するか、パソコンを買うのか、仮想サーバーでハイスペック&高速ネット回線にするか、選択はいろいろありますが、最終的には全部やった方がいいと思います。

仮想サーバーについては後日アップします!

国内Supremeオンライン対応のBOT一覧

国内Supremeオンライン対応のBOTは国内・海外いろいろあって、どれがいいのか分からない方におすすめのBOTをご紹介します。

今まで私が実際に利用したBOTのみをご紹介しますが、BOTを買えば100%買える訳ではありませんので、ご理解の上、ご検討してみてください。

また、今回紹介するBOTは、Google Chromeのプラグインを使うブラウザ型と、パソコンにインストールして使うツール型の2種類をご紹介していきます。

各BOTを詳しく書くと長くなるので、下記が紹介するBOTの共通内容になります。

各BOTの共通する機能
  • 商品検索機能:キーワード・ID検索
  • 複数購入:設定可能(Google Chromeのプラグインは複数窓で対応可能)
  • 決済遅延設定:0秒・1秒など設定可能
  • リストック機能:可能
  • 画像認証(reCAPTCHA):Googleへのログイン・外部サービス利用・手動などあり
  • 自動購入機能:設定可能
  • アップデート:無償
Supremeで複数購入する場合は、購入希望個数分のプロキシが最低必要になります。

また、Google Chromeのプラグイン型は、Falcon Proxyなどのプロキシ用のプラグインを追加する必要があります。

Supreme Quick Cart(マスレス)


Supreme Quick Cartは通称「マスレス」と言われ、非ブラウザ版なので、「商品検索⇒カートイン⇒発送先情報入力⇒購入ボタン」までの流れは画面上では表示しないため、高速でチェックアウトが可能になっています。

気になる画像認証(reCAPTCHA)はGoogleへのログインで対応するタイプになるので、画像認証が表示される場合もあります。

BOTの価格的には8,480円と高いように見えますが、SupremeのBOTの中では安い方になります。

Supreme Quick Cartのスペック
  • 対応環境:Windows・Mac Google Chromeのプラグイン型
  • タイマー:設定可能
  • 決済自動切換機能:あり(代引き⇒クレジットカードへ切替)
  • ゴーストチェックアウト:対応
  • 画像認証(reCAPTCHA):Googleへのログイン
  • 言語:日本語
  • アップデート:無償
  • BOT価格:8,480円

Sup NINJA bot


Sup NINJA botの特徴は、通常であればPC用のオンラインでの購入ですが、モバイルモードでの自動購入もできるので、PCよりもデータの読み込み量が少ないため時短でチェックアウトが可能になりました。

Sup NINJA botの購入を検討している方用に、カートインまでの機能を体験できる無料体験版の配布も行っています。

Discordもあるので、botの使い方など質問や、購入報告を見たりもできます。

Sup NINJA botでは、プロキシの販売もしていて、1本300円(税抜)で5本単位で利用でき、電気事業者登録済なので、安心して利用できます。

Sup NINJA botのスペック
  • 対応環境:Windows・Mac Google Chromeのプラグイン型
  • タイマー:設定可能
  • 決済自動切換機能:あり(代引き⇒クレジットカードへ切替)
  • チェックアウト自動リライト:あり
  • PC・モバイルモード切替:あり
  • 画像認証(reCAPTCHA):Googleへのログイン
  • 言語:日本語
  • アップデート:無償
  • BOT価格:15,000円(税別)

Autoreme


Autoremeは、時刻を設定して自動スタートさせるタイマーがなく、BOTをオンにしてブラウザを更新させると、動き出す仕組みで、BOT内の設定も簡単で初めての方にはおすすめです。

複数購入も可能で、10時59分50前後に、設定したすべてのブラウザを更新すると、複数同時に動き出して、自動購入してくれます。

Autoremeのスペック
  • 対応環境:Windows・Mac Google Chromeのプラグイン型
  • タイマー:なし
  • 決済自動切換機能:あり(代引き⇒クレジットカードへ切替)
  • カートインディレイ:あり
  • 売り切れ商品自動削除:あり
  • 画像認証(reCAPTCHA):Googleへのログイン
  • 言語:日本語
  • アップデート:無償
  • BOT価格:6,000円(ヤフオク)、7,200円(公式サイト)

Better Nike Bot – All in One


Better Nike Bot – All in Oneは、通称BNBと言われ、世界でも利用者が多いBOTです。

全て英語で日本語のマニュアルはないので設定が難しく、初心者向きではありませんが、転売屋などは1アイテム10~30個も購入した実績がある海外のBOTです。

画像認証(reCAPTCHA)は、Googleへのログイン・手動認証・外部キャプチャサービス(2Captcha・AntiCaptcha・ImageTyperz)の3つで認証作業を行うので、画像認証は強いBOTだと思います。

Better Nike Bot – All in Oneのスペック
  • 対応環境:Windows ツール
  • チェックアウト自動リライト:あり
  • 決済自動切換機能:あり(代引き⇒クレジットカードへ切替)
  • PC・モバイルモード切替:あり
  • 売り切れ商品自動削除:あり
  • 画像認証(reCAPTCHA):Googleへのログイン+外部サービス利用+手動認証
  • プロキシ:設定あり
  • 言語:英語
  • アップデート:無償
  • BOT価格:$200~$600

Supreme Slayer


Supreme Slayerの特徴は画像承認で、外部キャプチャサービス(2Captcha・AntiCaptcha・ImageTyperz)を複数登録可能で、トークンを複数貯めることが出来るので、画像認証を突破する可能性が一番高いおすすめのSupreme用のBOTです。

また、Slayer(スレイヤー)はリストックにも強く、外部キャプチャサービスを起動しているだけで、自動でリストックを拾ってくれるので、11時ジャストに購入できなくてもリストックで買える場合も複数あります。

Supreme Slayerのスペック
  • 対応環境:Windows ツール
  • チェックアウト自動リライト:あり
  • 売り切れ商品自動削除:あり
  • 画像認証(reCAPTCHA):外部サービス利用+手動認証
  • プロキシ:設定あり
  • 言語:英語
  • アップデート:無償
  • BOT価格:$150~$550

Dot Supreme Bot


Dot Supreme Botは、画像認証(reCAPTCHA)を突破するために、Googleアカウントを4つ登録することが出来るので、大量にキャプチャトークンを貯めることが出来ます。

海外BOTですが、日本語対応していて、簡単に設定することが出来るので、人気のため常に「Sold out」で、手に入れることが難しいBOTです。

Dot Supreme Botのスペック
  • 対応環境:Windows ツール
  • チェックアウト自動リライト:あり
  • 売り切れ商品自動削除:あり
  • 画像認証(reCAPTCHA):Googleへのログイン+手動認証
  • プロキシ:設定あり
  • 言語:日本語
  • アップデート:無償
  • BOT価格:$200

※ここに記載している内容はあくまでも、一時的に公式サイトで調べた内容になりますので、内容が変わっている可能性もありますので、詳しくは各公式サイトでご確認ください。

スポンサードサーチ

初めてBOTを使うなら、マスレス・忍者!

今までシュプリームオンラインで手動で参戦しても、全く購入できなくて、初めてBOTを使った購入確率を上げたい方におすすめなのが、ブラウザ型のSupreme Quick Cart(マスレス)Sup NINJA bot(忍者)です!

Supreme Quick Cart(マスレス)8,480円・Sup NINJA bot(忍者)15,000円(税別)と値段が高いですが、買取型なので更新料など一切かかりません。

マスレスは上位版的なアルティメット版もあり、これはDiscord等のグループバイで購入できます。Discordは月額制の情報チャットワーク的なものです。

メインをSupreme Quick Cart(マスレス)で、万が一に備えてのカバーとして、Sup NINJA bot(忍者)として使うのもありです。

私の場合、初動はSup NINJA bot(忍者)・Supreme Quick Cart(マスレス)の2つのBOTで参戦しています。

リストックは下で紹介しているSupreme Slayer(スレイヤー)で拾っています!

リストックに強い!Supreme Slayerは最高!

シュプリームオンラインで、リストックを大量に狙いたい方におすすめなのがSupreme Slayerです!

Supreme Quick Cart(マスレス)やSup NINJA bot(忍者)でもリストックを拾う機能はありますが、Google Chromeのプラグインなので、1窓1窓設定しないといけないので、手間がかかります。

また、画像認証(reCAPTCHA)が出た場合は、手動で対応したいといけないのでマスレスや忍者は大変です。

Supreme Slayerは、2CaptchaAntiCaptcha等をを複数(各20でも)設定可能なので、画像認証を高確率で突破することが出来ます!

しかも、Standardプランで20タスクや、Ultimateプランで無限に設定ができるので簡単にリストックを狙えます!

2019AWもかなりの高確率でリストックを拾えました!

スポンサードサーチ

まとめ

今まで実際に使用した国内Supremeオンライン対応のBOTを紹介しましたが、国内・海外にはまだまだBOTは存在しています。

BOTを購入するときは、サポートがあるBOT選びや、海外BOTの場合は日本語マニュアルがあるかなどを、しっかりと調べて購入した方がいいと思います。

また、複数購入する場合はプロキシが必要になり、ツイッターで「supreme プロキシ」で検索すると、プロキシをレンタルしている方が多くいますので、利用してください。

Supremeで使えるプロキシとは?構築や使い方・レンタル販売サイトを全部ご紹介!

2020.01.30
プロキシとは、Ipアドレス(住所のようなもの)で、Supremeでは1IPアドレスで1アイテムを複数購入することが出来ないシステムになっているので、1アイテムをサイズ違いや色違いで3つ購入したい場合は、3プロキシ(IDアドレス)が必要になります。

そして重要なのが、『今週欲しいアイテムが発売するので、BOTを購入して挑戦しよう!』と思いますが、できれば安い小物類をBOTでテスト購入を行ってから本戦に挑戦した方が、購入確率が上がります。